読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

LINEモバイル、9/5に発表…格安スマホの本命になるか?

当初は賛否両論ありながらも、今や若者を中心に知らない人はいないだろうメッセージアプリ、LINE。

春先に、LINEがMVNO(格安スマホ)参入の報道だけ出ていましたが、ほとんど詳しいことが分からないままここまで来ました。

詳細について、9/5に発表とのことです。

現時点で分かっていることとビジネス展望をまとめます。

500円から:現時点で分かっているLINEモバイル

現時点で、LINEモバイルについてわかっているのはうれしいニュースばかりです。

  • 料金:500円~
  • 特典:LINE、LINEMusic、Facebook等の通信が無料!

料金については、DMMモバイル、楽天モバイルなんかも同様に500円から利用ができる料金プランを備えていますので、そんなに目新しいものではありません。

今回これは!と思うところは、データ通信の制限に外れる通信があるというところ。

最安のプランでどれだけ制限がかかるかは未知数ですが、メインで利用するコミュニケーションアプリが無料で使えるのなら、これは大きなポイントになるかも。

注意事項は500円でどれだけの制限がかかるか

さて、500円で本当にどれくらい利用することができるのでしょうか?

世間の相場観としては(前述のDMMモバイル、楽天モバイルなど)500円プランだと1GBの高速データ通信、もしくは128kbpsの低速通信で利用無制限、みたいなプランでしょうね。

実際にはLINEのデータ通信料(音楽ストリーミングも含め)が無料になるということを考えると、これを半々にしたようなプランになるのではないでしょうか?

0.5GB利用可能+LINEの通信は無料

これくらいになるのではないかなーと。

楽天モバイルを追い上げられるか?

格安スマホで最近ガンガン伸ばしているところと言えば、楽天モバイルですね。

楽天モバイルは実店舗も構えて、メジャー感が出てきてもいます。

しかし、LINEがメインターゲットにするのはこのセグメントにはならないでしょう。

LINEやソーシャルをよく活用する層…端的に、パソコンもほぼ利用しない、スマホがメインになっている若年層の一択。

LINEがもつ広告基盤をフル活用、そして申し込み方法・画面もスマホ対応に振り切ったような対応になるんじゃないかな…とにらんでいます。

そうすると、今までリアルで頑張ってきた楽天モバイル、イオンスマホがリーチしてこなかった層に効率的にアプローチができて…

意外と狙ったところ限定的には高シェアをもてるのではないでしょうか。

LINEモバイルが示す格安スマホの立ち位置

格安スマホは、どこまでいっても大手キャリアを完全にしのぐものにはなりえません。

どうしてもオールターゲット、ユニバーサルサービスになりがちなドコモ等のキャリアに対して、きちんと狭いターゲットに刺さりぬく、特徴だったサービスを作っていくのが勝つべき道筋になりそうです。

こちらの記事もどうぞ