読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

Xperia Xの最上位はXperiaXZというなるほど感

XperiaZシリーズがZ5で幕を閉じ、新たなXperiaのスタートを切ったXperiaXシリーズ。

その最新版が発表になりました。

高性能のフラッグシップ機がどうなるかというと…

結局のところ「XperiaXZ」のネーミング!

やはり、Zが至高のXperiaシリーズは健在です。

そして、待望のコンパクトモデルの発表もありました。

XperiaXシリーズの名称と流れ

日本発売になっているのは、XperiaXPerformanceという機種。

今までのXperiaZシリーズとは、デザインをマイナーチェンジと名前をフルチェンジといった風情です。

そして、Zシリーズは廃止したかと思いきや、今回の発表で最上位機種にはXZ…Zを再登場という流れですね。

XperiaXZの特徴

XperiaXZは、ZシリーズからXシリーズになった時以上にデザイン面も大きな変更が起きています。

パッと見が、背面ガラスパネルではなくなったことももちろん、定番の白黒に加えて濃紺がラインナップ。

そして、背面カメラのフラッシュの位置が特徴的になっており、これが今までとのデザインで一線を画す存在になっています。

チップセットはSnapdragon 820で、3GBのRAMを搭載。、ROMは32GBもしくは64GB。充電端子は、新たにUSB Type-Cという点が大きな違いですね。

発売の時期にもよるかもしれませんが、グローバル発表の現時点ではandroid6.0が搭載されています。

XperiaXCompactの登場

そして、日本発売が期待されるのが、やはりコンパクトモデル。

今回は残念なことに、XperiaXシリーズの中では性能をやや落としての発売となる見込みです。

XperiaZ3Compactのような、Zシリーズの名前がついているものではなく、XperiaAのようなシリーズラインナップに近いものと考えればいいかと思います。

カラーリングも、XZの濃紺からCompactはライトブルーと、気軽に使えるところをイメージされているのかと思います。

今後のXperiaの展開やいかに

今回の追加ラインナップを見てみると、ソニーモバイルの迷走感は否定できません。

フラッグシップの一本足打法にすればいいものを、どんどん型番を増やしてわかりにくくしている?という印象。

結局Zに戻ってくるのであれば、ずっと統一していたほうがよかったのではないかなーと。

ブランド作りは大変ですし、一度壊して築くことも果たして意味があったのかなぁとおもっています。

ともあれ、国内にコンパクトモデルが入ってくるのは楽しみではありますね!

関連記事