読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

iPhone7の発表と、心が躍ったおサイフケータイ

秋の風物詩、新iPhoneの発表が終わりました。

今回のiPhone7も、だいたいは事前にリークされていた情報で信憑性の高そうなものが搭載されていた、というところ。

うれしいニュースと悲しいニュースだったので簡単にまとめます。

待望のおサイフケータイとapplePay

まず、一番の驚きと喜びは、iPhoneのおサイフケータイ(Felica)対応

個人的には、メインをiPhoneSEにしながらも、ほぼおサイフケータイ専用機としてXperiaZ3を持ち歩いていたので、これを一本化できる可能性があるのは非常にうれしいところ。

JR東日本の対応については、過去のおサイフケータイが遅かったので今回仮に対応するとしても後手に回るんだろうな…と思っていたのがうれしい誤算です。

※androidが出始めのころは、おサイフケータイ対応機種でもなかなかモバイルSuicaは対応されなかった記憶

あとは、iDにも対応するとのことですが、モバイルSuicaが利用できるなら最近では敢えて利用する必要もないかなーとは思っています。

モバイルSuicaみたいに事前チャージが不要なのはラクでとてもいいのですが。

ついに防水対応のiPhone

そして、ここにきての防水対応です。

もともと、公式にうたっていないだけで防水性能が搭載されているのでは?

とネットの噂になることはありましたが、ここにきて正式に防水であることが発表されたので、これも守りの意味でうれしいですね。

そんなにボチャンと水没させることはないですが、ちょっとした雨の時とかに気をつかわなくていいところでしょうか。

Dラインの解消はうれしい

デザイン面での喜びは、iPhone6からちょっと変わって、謎のDラインが緩和されたことでしょうか。

今回はDではなく)みたいになってますね(分かりにくいかな…間の線が消えた感じです)

特に、ブラックやシルバーの場合は色も少し合わせているので、より目立たなくなりました。

ゴールド、ローズゴールドでは主張強めのホワイト、というのはなぜなのでしょうか…

ともあれ、デザイン面もやや良くなったかな?というのが印象深いどころです。

イヤホンジャックの廃止は疑問

さて、最後にネガティブ情報はイヤホンジャックの廃止です。

これはまさか…と思っていましたが、本当に廃止されてしまいました。

付属のイヤホンもライトニングの端子になっているので、他で利用することもできず…

これって古いiPhoneで利用することもおそらくできないでしょうから、しばらくは専用になってしまいますね。

これからは、基本的に無線で対応せよ、ということかと理解しています。

パソコンのキーボードやマウスは無線で統一していますが、イヤホンについては無線だとバッテリーのもちもあるので微妙かなーと思っています。

防水対応をするためにはやむをえない措置だったのでしょうか…。

iPhone7を買うか否か

買うかどうか、非常に悩ましい理由は数か月前にiPhoneSEを購入してしまったこと。

サイズ感やなんかはSEで十分なのですが、ここにきてまさかのおサイフケータイ対応があったので、気持ちが揺れています。

税込みで32GBだと、約8万円

パソコンが変えてしまいそうな出費を許容できるか…

しばらく悩ましい日々を送りそうです。

こちらの記事もどうぞ