読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

高いスマホで損しないために!ドコモの料金プランをしっかりとおさらい

ドコモの料金プラン、自分は損していないと断言できますか?

スマホの料金プランは複雑で、知らないうちに損している可能性があります。

自分の料金プラン、きちんと見直してみましょう。

料金プランの基本:3段構えのプラン構成

まず、料金プランをきちんと把握する必要がありますね。

料金プランは大きく3つに分かれます。

  1. 音声基本料金
  2. パケット料金
  3. オプションサービス料金

それぞれについて、具体的に金額を確かめてみましょう。

①音声基本料金(カケホーダイ)とは?

音声基本料金とは、通話(電話)するための基本料金です。

使う、使わないにかかわらず絶対に毎月かかってくる部分ですね。

このあたりは電気代などのインフラとほぼ同等のものです。

現在ドコモで申し込める音声基本プラン(スマホ)は以下の2種類になります。

  • カケホーダイ(2,700円):国内通話完全定額
  • カケホーダイライト(1,700円):5分以内の通話が定額

あまり通話をしないとなれば、カケホーダイライトのほうがオトクのようにも思えますが…

ここで組み合わせの問題が出てきます。

詳しくは以下で考えてみましょう。

②定額じゃなくなったパケット料金とは?

パケット通信…データ通信についてです。

数年前までは「パケホーダイ」といった、使いホーダイの定額料金になっていました。

しかし、現在はもう定額で無制限に利用することはできなくなっています。

具体的には、「パケットパック」というものに加入が必要になります。

これは、使った分だけ課金される、従量制のサービスになっていますね。

【通常】

  • 2GB:3,500円
  • 5GB:6,500円

【ウルトラパック】

  • 50GB:16,000円
  • 100GB:25,000円

最近出てきたウルトラパックによって、本当に大容量で利用される方にはお安くなってきました。

しかし、使いすぎずに普通に使う…という分ではそうも安くならない、というのが現実です。

参考:ドコモは20GB6,000円のウルトラパックでデータ通信値下げ対抗!

③オプションサービス料金って?

そして、一番忘れられがちなのがこのオプションサービス料金です。

スマホ代が高い!と思っている方、一番の要因はもしかしたらここかもしれません。

ドコモショップで機種変更をして、値引きの条件としてオプション加入を勧められたことはありませんか?

ドコモの「d」のつくサービスがその一例です。

動画が見られる、dTV。

雑誌を定額で読めるdマガジン。

アニメが見られるdアニメ、など…。

実際に私もdマガジンを契約して、毎日雑誌を読んでいます。

そのように、きちんと利用をするのならばとてもいいサービスなのですが、使わなければ宝の持ち腐れです。

使っているよーということであれば安心ですが、使っている覚えがないな、という方。

きちんとオプションの加入状況を見直してみてはいかがでしょうか?

一つあたりは500円に収まる、いわばワンコインで利用することのできるサービスではありますが、場合によっては5件以上加入している(利用していなくても)こともあり得ます。

実際に、ドコモの決算資料によると1人当たりのサービス利用額は2,000円とかになっているので…

そんなに使ってもいないのに料金が高いな、ということであれば、まずここを見直してみるのがいいかもしれません。 

関連記事