読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

applePayはiPhone6/6Sでも使える?OSアップデートでの表示が紛らわしい

iOSアップデートをした、iPhone7より前の機種をお持ちの方。

一瞬あれ?と思いませんでしたか?

iPhone7で話題になって、Suicaが使える!と騒がれているapplePayの登録表示が、初期設定の間に出てきたことかと思います。

実際に、iPhone6ユーザーの友人から、「iPhone6でもapplePay使えるようになったの?」と質問も受けたので、applePayの仕組みについて書いてみます。

モバイルSuicaはiPhone6/6Sでは使えない

最初に結論です。さきほどの、iPhone6を利用していて、iOSをアップデートしたとしても、モバイルSuicaをiPhone6で利用することはできません

なぜなら、モバイルSuica向けに採用されているチップが載っていないから。

つまり、OSの機能レベルではapplePayを利用することができるのですが、店舗として決済ができる端末を各所が用意できていない…ということなのです。

日本でおサイフケータイが普及していたドコモの功績

applePayが始まる前から、日本ではおサイフケータイが普及していました。

古くはガラケーから、そしてandroidも日本仕様として。

決済サービスを利用するには、支払いをする側(ユーザー)と、支払いを受ける側(店舗)の両方の準備が整っている必要があります。

ユーザーとしては、おサイフケータイ対応の端末を持っていること。

店舗としては、おサイフケータイをかざして決済のできるレジ端末を持っていること。

日本では、ドコモとSONYの規格で、Felicaというチップが採用されて、おサイフケータイにも決済端末にも搭載されています。

そして、その仕組みが全国、多くの店舗に普及していました。

applePayをリアルで使えるのはiPhone7ユーザーだけ

applePayは、昨年から海外でスタートしています。

そして、これに普及ハードルがあったのは、店舗側の決済端末を新たに用意することがあった、ということ。

海外で、そもそも決済端末が普及していないところに新たに用意するのは、特にappleのようなビッグプレイヤーがやるのには大きな意味があります。

今回、日本でapplePayが大きく話題になったのは、appleが日本市場に合わせてきたからです。

日本で普及している決済端末に合わせるために、iPhone7(と、applewatch2)にFelicaチップを搭載しました。日本の決済端末で、そのまま利用できるようにしたのです。

そのため、OSアップデートで紛らわしいことになりましたが、実際に日本のユーザーがおサイフケータイとして利用するのと同じように使えるのは、iPhone7ユーザーに限定されることになります。

そもそもapplePayとは?

厳密にいうと、iPhone6/6SやiPhoneSEでは、applePAYを利用することができます。

しかし、リアル店舗の決済として利用することができない、という複雑な状況になっているのです。

そもそもapplePayとはなんなのでしょうか?

クレジットカード情報を取り込んで、決済をするapplePay

applePayの本質は、クレジットカード情報をiPhoneに保管することにあります。

プラスチックカードをもつことが、特に必要ない、ということです。

PCやスマホでネットショッピングをする際に、クレジットカードを取り出して番号を打ち込む…そんな経験がありませんか?

PCならまだしも、スマホで外出中にクレジットカード情報を打ち込むなんて、まったくスマートではありません。

applePayにクレジットカードを登録しておけば、クレジットカードを出さずとも、カードを選んで指紋認証で支払いをする、ということが可能になります。

※対応しているショップはまだ限定されています

おサイフケータイから、決済のスマホ化へ

ちょっとわかりにくい表現になりますが、現時点ではリアル店舗での決済に、スマホをかざして…というのがメインの使い方になってきます。

しかし、これから買い物がリアル店舗だけではなくて、スマホを使ったWEBで買い物、といったシーンが増えてきて(それがもしかしたらVR領域に達するのかもしれませんが)、そこでの支払いをする手段が、とくに券面として形をもったプラスチックカードである必要がなくな…ということではないでしょうか。

デバイスの形は今後変わるかもしれませんが、そうなった時の新しい決済の形、ということになりそうです。

まとめ

applePayは、iPhone6/6S、iPhoneSEでも利用することができます。

しかし、おサイフケータイ的な使い方(モバイルSuica)を利用することができるのは、iPhone7だけ!ということですね。

関連記事