読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

600円スマホ、ドコモのmonoの使用感いかに?

スマホ/IT

ドコモのオリジナルブランドスマホとして秋に発表になった、mono。

オリジナルスマホはauもQUEとして展開していましたが、そこから少し遅れてドコモでも展開することになりました。

注目すべきは、実質負担金額で600円という、価格的にはドコモの戦略スマホです。

600円という価格戦略と、monoの使用感は実際どのようなものでしょうか?

ドコモブランドだが実はZTE製

ドコモのオリジナルスマホとはいえ、ドコモが工場をもってせっせと作っているわけでは決してありません。

きちんと製造をするメーカーがあって、メーカーの名前を出さずにドコモの名前を前面に押し出して販売する、というものです。

このメリットとしては、日本国内におけるドコモの知名度を大いに活用するものですね。

SONY、appleのように自社がきちんとブランド化されている企業であれば、かえって断るような条件かと思いますが、日本においてブランド認知されていない企業にとってはとてもいい話。

それでは、製造は実際にどこがやっているかというと…

ZTEという会社です。

中国のメーカーですね。

スマホ市場も飽和する中で、特徴も打ち出しにくく…

そんな中、ドコモのブランドを全力で利用して日本市場に出ていけるのは、渡りに船な好条件だったのではないでしょうか。

使用感は十分だが、ややスクロールにひっかかり

さて、実際に使ってみると、どのようなものでしょうか?

ホーム画面の構成も、ドコモの推奨構成になっています。

android黎明期から利用していた場合には、ちょっと違和感があるかもしれません。

まぁ、これは現在ドコモから販売されているスマホ全般に言えることなので、良しとして…

画面もきれいですし、iPhoneを普段利用していても特に見劣りするようなことはありません。

このあたりは、基本性能を磨きこんだところの一環かな、とおもいます。

では、画面をスクロールすることに関してはいかがでしょう?

画面を横にスライドして切り替えることはスムーズなのですが、ブラウザなど、縦にスクロールしていくところに関しては…

若干の引っ掛かりを覚える、というのが正直なところ。

とはいえ、数年前のハイエンドスマホと比べたら遜色なく動くレベルなので、数年での技術進歩の著しさを感じることができます。

このスマホ(mono)を単体で見せられたら、それなりの満足感を得ることは十分にできそうです。

600円という価格帯に秘められた戦略

さて、価格まで含めたコストパフォーマンスという意味ではいかがでしょうか?

600円とはいえ、本当に消しゴムのような値段で買えるわけではなく、各種割引を含めた「実質負担額」と言われるものです。

端末購入サポートが含まれているので、途中で解約どころか、機種変更をしたとしても違約金(約1.5万円、時期により変動)がかけられる、というものです。

monoの価格設定はかなり悩んだのではないかなーと思います。

というのも、ちょうど2016年は総務省からの指導もあり、0円スマホを禁じるという状況だったので、それに合わせて極力安いところ…という意味で600円なのでしょう。

この600円という価格、単体では安いのですが…

実際にはiPhoneやなんかも同様の手法での値引きもあるわけで、そんなに極端に安いわけではないのですよね…

そのへんがなんとも悩ましいところです。

mono単独で見ると、気軽に利用することができるいいスマホだと思います。

その一方で、毎日ちょっとだけスマホを利用する、という人にとって、このスマホを2年後に買い替えるとかではなく長く利用するでしょうから…

そうすると、もっと長く使えるスマホを、長く使い続ける…という選択肢もあるのではないかな、と思ってしまうわけです。 

関連記事