目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

amazonのDASHボタンを実家の親向けに置いてきた話

ワンボタンでamazonの注文ができる、DASHボタン。

普段のPCやスマホからの注文で事足りているので、自分用にはどうかなぁと悩んでいたのですが、実家の親向けにいいのではないか?と思って購入。

セッティングと具体的な使い方の説明をしてきました。

f:id:cvmer:20160924160350j:plain

DASHボタンとは

amazonのDASHボタンは、シンプルなボタンデバイスです。

下の画像のようなものですね。

右の白い丸のところがボタンになっていて、これを押すだけでamazonに自動注文が行く、という品物です。

PCやスマホを開かなくとも、自動で注文をできるので時間短縮に便利…といった代物です。

実家の親には天然水DASHボタン

田舎のことなので、普段の買い物には車を使います。

とはいえ、ペットボトルを買ったりすると、車から自宅まで運び込むのもそれなりの労力。

そんな時に、玄関まで宅配してもらえるのは便利、ということでamazonなどの宅配が役立っています。

何回かスマホからの注文の仕方も説明したのですが、慣れない操作になると億劫になるようで、結局あまり使われていなかった模様。

そのため、今回はまずお試しということで、一番の重さがある天然水の注文ボタンを購入しました。

スマホから設定・Wi-Fi必須

ボタンが届いたら、それだけでは使えないので自分(親)のamazonアカウントに紐づける設定をしなければいけません。

これを親にやってもらうのは最初のハードルが高いので、年末を利用してセッティングをしてきました。

①スマホとペアリング

最初に、ボタンとスマホをペアリングする必要があります。

必要なのは、amazonアプリを入れたスマホと、DASHボタン。

DASHボタンを長押ししてペアリングの準備をします。

そして、アプリ左上のメニューボタンからスタート。

・メニュー

→アカウントサービス

→端末のセットアップ

と進みます。

②Wi-Fiパスワード入力

セットアップの中で、自宅のWi-Fiパスワード入力が求められます。

これはわかるようにしておきましょう。

③注文商品の設定

そして、注文商品を設定します。

今回は、2リットルの天然水を2パックですが、ほかにも水系の商品であれば自由にセットできるようです。

ほしいものが変わったら(ボタンの表示は天然水ですが)他の商品にも切り替えられる様子。。

値段を見ずに注文する不安と、告知

もうこれで、ボタンを押すだけで注文が完了します。

唯一気がかりだったのが、amazonは値段がいつも固定ではない、という点。

ボタン押すだけだと、値段を見ずに注文することになるので、全然予想していない金額が請求されることになるのでは…というのが怖いところでした。

それについては確認してみると、スマホにプッシュ通知が来るそうです。

当初の設定価格より、10%以上変動があったら通知されるんだとか。

メールはあまり見ない親のことですから、プッシュ通知に気付くかどうかが怪しいですが…

まずは、生活がどのように変わるか見守ってみたいと思います。関連記事