読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

DeNAの自動運転、パートナーを日産に変更して加速するか?

ビジネス/コンサル マーケティング

DeNAの、先進事業としてのニュースです。

自動運転にもDeNAは領域を広げていましたが、CESでの発表によると実証実験パートナーを日産と組み、2017年には公道を使っての技術開発にチャレンジするとのこと。

DeNAと日産のチャレンジ

現時点でのロードマップとして明らかにされているのは、2017年中にはあくまでも技術開発、ということ。

技術開発でも公道を利用する、ということなので、長距離走行というよりは決められた区間でどの程度の精度が担保されるかをDeNAと日産が検証する、というところでしょうか。

そして、2020年…くしくも東京オリンピックのころまでにサービスを含めた実証実験に入るということ。

サービスを含めた実証実験、とはどの程度の事業幅になるかが分かりづらくはありますが、日産の自動車に自動運転機能を搭載するだけではなく、DeNAがやろうとしていたロボットタクシーのような、ヒトもしくは貨物の輸送に自動運転を活用したサービスになるのではないでしょうか。

DeNAと組んでいたZMP社とは提携解消

そもそも、DeNAはこれまでにも他の会社と提携して自動運転を検討してきました。

その当初のパートナーが、ZMPという会社。

その会社との関係はどうなるかというと…

まさに本日のリリースではありますが、ZMP社とDeNA社では業務提携を解消するということ。

リリース本文をみていると、どうやらZMP社は高齢者や子供を含めた自動運転に思い入れがあるようなので、なんとも今回は苦しい決断だったのではないでしょうか。

DeNAとしては、よりよい組む先が見つかったので次に…ということに思えてしまいます。

あくまでも、今回の日産とのパートナ―シップと関連性が出たわけではありませんが、どうしても、、、ですね。

DeNAはドコモと九州大学で実証実験も

ちなみに、DeNAは自動運転の分野ではドコモとも組んでいます。

場所としては九州大学のキャンパス。

ここは公道ではありませんが、広いキャンパスで実験はできているようです。 

関連記事