読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

HUAWEIのフラッグシップ、6万円のMate9の実力は?

SIMフリーのスマホメーカーで、日本市場で存在感を増してきているのがHUAWEIです。

そのフラッグシップで日本発売も開始されるのが、ライカのカメラレンズも搭載したMate9です。

お値段は6万円と、HUAWEIの中ではお高めの値段になりますが、実力のほどはいかがでしょう。

Mate9の主な性能

まさにフラッグシップ、というものを備えています。

オクタコアのCPUに、4GBのRAM。

サクサク動くことが期待される中で、5.9インチの大画面でフルHDのIPSディスプレイです。

画面が大きくて、ノンストレスで操作ができるというのはとても大きな特徴です。

Mate9のダブルレンズ

そして、Mate9でこだわっているポイントは、カメラの性能。

有名メーカー、ライカのレンズを利用していることもさることながら、2つのレンズがついています。

1200万画素と2000万画素で、切り替えながら滑らかなズームを実現します。

また、4K動画も撮影できるので、動画の利用としても快適になってきています。

4000mAhバッテリーと省電力性能

大画面になってくると、画面が大きい分消費電力があがります。

とはいえ、全体が大きくなるのでバッテリー容量も大きく、かなり安心して使えそう。

また、ここはまだマユツバですが、機械学習を用いて普段の使い方に合わせて制御する機能も入っているんだとか…

Xperiaでも、バッテリーの制御機能は搭載されていたように思いますが、機械学習ということで、より「スマート」になれるかもしれません。

スマホは通常使えば使うほど、バックグラウンドでのアプリも増えてバッテリーの持ちにも悪い影響を及ぼすものですが、それがどの程度改善されるか…素直に楽しみですね。

気になる価格は6万円

さて、そんなフラッグシップのMate9ですが、価格は約6万円。

決して安いお値段ではありませんが、性能を踏まえて考えると決して高いお値段でもない…

そんな絶妙なところをついてきています。

androidの中では、SIMフリーで日本市場にガンガン攻め込んできているHUAWEIだけに、選択肢の一つとしていいのではないでしょうか。 

関連記事