読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

LINEモバイル、ついに音楽ストリーミングも無料カウントに!

LINE

2016年にサービス開始をして注目を集めた、LINEの格安スマホ、LINEモバイル。

世の中にたくさん出てきた格安スマホの会社との差分として、LINE、Facebook、twitterなどのSNS利用がデータ通信のカウントの対象外となるのが特徴でした。

ただ、当初から残念に思っていたのが、最近ふえてきたスマホでの定額ストリーミングサービスがカウントされること。

これがあると、Wi-Fi環境のある自宅以外での自由なスマホ利用ができなくなってくるのが残念です…

それが、解消される新プランが発表されました。

LINEモバイルの新プラン:音楽サービスの無料へ

新しく出たのは、LINEモバイルの「Music+プラン」です。

その名の通り、音楽サービスのデータ通信容量がカウントされないという、かなり魅力的なプラン。

世の中に増えてきた定額の音楽サービスへの対応がポイントですね。

サイバーエージェントのAWA、amazonMUSIC、sportify…

2年ほど前から音楽系のサービスはどんどん出てきましたが、通信の料金プランがぜんぜん追い付いてこなかった印象です。

LINEの音楽、LINEmusicからスタート

当初のカウント無料対象は、当然ながら自社プランが対象になっています。

LINEがオフィシャルに運営する、LINEMusicですね。

LINEミュージックは、月額960円の無制限定額聞き放題サービスです。

※月20時間の制限内では500円だったり、学割のプランもあり

たくさん聞こうとすると、この960円以外にも通信料金がかかる、というのが今まではネックでした。

これを解消できて、純粋に音楽のプラン料金だけで勝負できるようになってきました。

音楽の定額ストリーミングでLINEが勝てるか

LINEモバイルの普及と、LINEMusicの普及をタイヤの両輪で同時に進められるのは、通信事業をもっている会社ならではの強みになります。

他社のサービスは、純粋に音楽サービスが非常に魅力的であり、通信料金の気になり具合を凌駕する必要があります。

しかし、LINEMusicに関しては、通信料金のハードルを自社のサービスで下げるというミラクルを可能にしました。

…これって、本来はドコモ等の通信キャリアが最初にスタートしたら結構よさそうなんですけどね。

これが市場原理か…という面白い状況を見ている気がします。 

LINEモバイルの新料金プランの詳細は?

料金プランは当然ながら、ドコモ等のキャリアと比べると破格になります。

だいたい1/3になるのが相場ですね。

月間容量データSIM(SMS付)音声通話込み
3GB 1810円 2390円
5GB 2140円 2720円
7GB 2700円 3280円
10GB 2940円 3520円

料金プランにも変更があるかもしれませんし、今後のサービス拡充に期待大です。

LINEモバイルのプラン詳細は以下ご参考に。

 

関連記事