読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

ドコモとソフトバンク、2016年度の決算から考える姿勢の違い

通信各社の決算が出まして、象徴的だな、と感じた2社(ドコモ、ソフトバンク)についてまとめてみます。

両社とも増収増益なところは間違いないのですが、そこから何が起きるのか?

成長か、還元か。企業としての姿勢の違いを感じます。

ドコモの利益は9,447億円

一時期減益に苦しんでいたドコモも、見事に増収増益。

想定以上に利益が出た模様で、9,000億円を突破する利益額となりました。

その利益をどうしていくか?ということなのですが…

「お客様還元」を割と大きめに打ち出しています。

具体的に出たものとしては、カケホーダイ・カケホーダイライトに続いての新料金プラン。

名前はシンプルプラン、として、980円で利用可能になるものです。

つまり、通話はやっぱり使わないよー、という人が不要に通話料を負担することを避けるものですね。

無駄遣いがなくなる、という意味で還元になります。

(とはいえ、データ通信料は値上がりになるので本当の還元か、というと微妙なところですが…)

他にも還元施策は検討中とのことでしたので、期待がもてます。

ソフトバンクは1兆円を超える

さて、対してソフトバンクは、ついに1兆円の利益を突破しました。

以前から決算説明会では、「金の卵を産むガチョウ」と表現し、投資対効果が高いことをうたっていたソフトバンク。

今回の決算では、「空飛ぶ金のガチョウ」と、本体が金になったことを伝えています。

時価総額ですね。

面白いのは、ソフトバンクグループ全体で見ているので、決算説明会でも国内通信事業に触れるパートはもうほとんどありません。

純増数一位でひたすらブランディングに明け暮れたのは過去の話ですね。

どちらかというと、ドコモの方が通信の実行速度を資料に織り込んだりして、骨太な競争力は語っていますね。

成長の先とは

あくまでもインフラとして、日本国内を中心に生きていうドコモと、投資会社として利益をどんどん出し続けることが正義というソフトバンク、明確に立ち位置の違いが見えた決算だったかと思います。

何を良しとするかは人それぞれですが、ソフトバンクの国内通信事業はキャッシュを生むマシーンとして他への投資源になることだけ意識はしておけばいいかと思います。

今までも兆候はありましたが、2016年度の決算から見えるのは、もう明確に違う分野の会社だなーということでした。 

関連記事