目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

iPhone7で使える気になるbluetoothイヤホン

iPhone7でネックになるところ、それがイヤホン端子。

イヤホンが、今までと違って充電用のライトニング端子と一体化しています。

もちろん、専用のイヤホンがついているから、それを利用すれば音楽を聴くことには問題ないのですが…

他の音楽プレイヤーだったり、パソコンにつなぐときには使えずにストレスが溜まってしまいますね。

せっかくなので、イヤホンを無線にしたらストレスフリーになるか…と思い、無線(bluetooth)イヤホンを比較してみました。

言わずと知れた純正Airpods

iPhoneの発売と同時に発表され、品薄状態が続いてきた両耳独立型のbluetoothイヤホン、Airpods。

優先のわずらわしさを完全に排除した仕様になります。

細かいところの体験(耳から外すと音楽がとまるとか、同期がラクとか)は魅力的なのですが、個人的にはつけている見た目にやっぱり違和感があります。

あと、(意外と落とさないですが)落ちるのではないかという不安感も買うときにネックですね。

極めつけは、バランスはいいもののapple純正のイヤホン、音質で考えたときにイチオシ!というわけではないので、せっかくならいいイヤホンが欲しいな…と思ってしまいます。

お値段もそこそこするので…

品薄状態は落ち着いてきたようなので、今ならすぐに買えそうです。

音質を求めるならSONYのノイズキャンセル付き

音楽を聴くのに主眼をおくのなら、やはりSONYは検討の余地があるかと。

このイヤホンは、ワイヤレスに加えてノイズキャンセル機能がついているので、うるさい電車の中とか、雑音を消して集中したいときにも活躍します。

ノイズキャンセル機能については、本当に初めて使ってみたときには感動するレベルです。

ただ、周囲の音が聞こえなくなることで、歩いたりしていると危険性もあるので、そこは注意しながら用途を選びましょう。

バランスがいいJBLのbluetooth

ノイズキャンセル機能はないものの、通話も含めて考えたときにお値段とのバランスがいいのがJBLの廉価モデル。

自宅でのbluetoothスピーカーがJBLを利用している、というのもあるのですが、非常に高音低音ともにバランスがよく、心地よく使うことができます。 

cvmer.hatenablog.com 

上ふたつのモデルよりもお値段としても試しやすい金額なので、ワイヤレスイヤホンデビューをしてみるのならまずはここから、というのもいいのではないでしょうか。

とにかく安価に試すなら

安価に試すだけなら、2,000~3,000円台で複数のイヤホンも出ています。

とはいえ、安価なものだとその分期待外れなところも多い(同価格帯の有線イヤホンを利用していたらなおガッカリがくる)ので、できたら実際に聞き比べをしてからちょっといいのを買っておくのがおススメかもです。 

関連記事