目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

dポイントがローソンで使えるので地味に使いやすい

auの三太郎やソフトバンクのスーパーフライデーに押されて?影の薄そうなドコモの顧客還元サービス。

しかし、実際に利用してみると意外に貯まりやすい、使いやすいというのが見えてきます。

昔の、機種変更にしかポイントの使い道なんてない…

そんなイメージからの脱却をしてもらえればと思います。

dポイントは意外と使える範囲が広い

auやソフトバンクみたいに、分かりやすい「無料」がないからその分影が薄くなってしまっているのかもしれません。

しかし、ドコモのいいところはきちんとポイントが(知らないうちに、というのも含め)たまっていっていること。

ポイントには有効期限があります。

ならば有効期限内に使わないと損。

だけど、そのために余計な買い物をするのも…という人に伝えておきたいことです。

ドコモのポイント、意外といろいろなところで使えます。

ドコモのサービスで使えるdポイント

まずは普通の(イメージのしやすい)ところでいくと、ドコモのショッピングサービスで利用できます。

個人的に利用が多いのは、dファッションという、ドコモとマガシークで運営しているファッション通販サイト。

自分のサイズさえ把握していれば、時期によってはかなりの割引率(70%OFFとか)で購入することができます。

ただ、同じブランドでもサイズ感が違ったりすることもあるので、そのあたりは要注意ですね…

この夏はショートパンツ(裾上げいらないので…)を2本、そんなにサイズにブレのないシンプルなTシャツとかを買いました。

セール品であっても、dポイントを1ポイント=1円で利用することができ、そこからさらにポイントが付くのがいいところ。

とはいえファッション品は、そこまで頻繁に買うこともない…ので、期間ギリギリのポイントをどうするか?というところまでは解決できないですね。

大穴?ローソンで現金同様に使えるdポイント

実際にちょっとしたポイントを使い切りたい!というときに大穴で利用できるのが、ローソン。

普通にdポイントカード(もしくはアプリ)をレジで提示するだけで、バーコードを読み取ってくれてポイントを利用することができます。

なので、ペットボトルの飲み物とか、サンドイッチでもなんでもいいのですが購入したときに、ポイントをきちんと使い切ることができます。

コンビニであれば、何かしら使うことはあるでしょうから、これがあるのは非常に便利。

無駄な買い物をほとんどせずに、きちんとポイントを使い切ることができます。

ポイントの貯め方と使い方

dポイントは、最初にちょっと気をつけさえすれば結構ためることができます。

普段のスマホ代が貯まっていくのは自動的なのであまり気にせずにいましょう。

あとは日々の生活で、dファッションみたいなサービスで割引きのものを買っても貯まりますし、ローソンでdカードを出すとさらにポイントが貯まります。

基本的には、上記のように貯めたところで使うと、無駄なく割引きになるのでとてもいい循環ですね。

少額ではありますが、こういったポイント系はチリも積もれば山となる、ということで年額だとだいぶきいてくるかとおもいます。

ぜひ賢く貯めて、賢く使っていきましょう~。 

関連記事