目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

VaioPhoneAを手に入れた

日本通信がセット販売したWindows版のVaioPhoneは、なんとも言えない仕上がりのものでしたが…

この度、ずっと気になっていた、android版のVaioPhoneAを入手しました。

これまで利用していたSONY製のXperiaZ3と比較しながら眺めてみます。

VaioPhoneAの特徴

VaioPhoneAは、android搭載のVAIO株式会社製のスマホ。

Made in Chinaではあるのですが、PCと同様に安曇野工場で作られていることのアピールか、箱を開けるとFinish in Azuminoのカードが入っていました。

…これは別に嬉しいのか?と疑問がわきますが、とはいえ普通のスマホよりは特別感を出したかったのだろうな、と理解をしています。

過去のWindowsベースのスマホの反省を生かしてか、今回はきちんとandroidの使いやすいスマホになっています。

オクタコアのCPUに、3GBのRAM。

フルHDの液晶で、普段使いには十分なスペックです。

デュアルSIMかつデュアルスタンバイ

個人的に、今回VaioPhoneAを選んだ決め手になったのが、国内で販売されているスマホには珍しいデュアルSIMかつデュアルスタンバイだったこと。

SIMが2枚入るので、通話はドコモの定額カケホーダイ、通信は格安スマホ、ということで電話もバリバリ使って格安にしたい、というニーズを満たすことができるわけですね。

デュアルSIMの機種を選ぶときの注意点が、2枚とも同時待ち受けをすることができるか、ということ。

自分で毎回使い分けをする必要がある機種もあるので、注意が必要です。

VaioPhoneAはこれを満たしていたのが選んだ理由です。

XperiaZ3と比較すると…?

さて、少し古い機種になりますが、実際に利用していたXperiaZ3と比較するとどのような感じでしょうか?

正直なところ、Xperiaの方が格上だな、という感は否めません。

ボタンの位置であったり、画面をノックすればスリープ解除する機能だったり、おサイフケータイだったり…

地味に使うな、という機能がきちんと押さえられているのがXperiaでした。

それに比べると、VaioPhoneAはまだかゆいところに手が届かない部分も多くある、というのが実感です。

コスパは上等

とはいえ、VaioPhoneAは選んで正解だったな、というのも実感。

なぜなら、その価格。

Xperiaシリーズは、SIMフリーの正規版は売っていないので、ドコモ等のキャリアで買う必要があります。

そうすると、8~10万円(割引きがあるにしても)の金額、割引き考慮しても5万円前後と毎月の正規料金。

それに比べると、VaioPhoneAは2万円台の半ば。

この値段の差は大きかった。。。

ということで、VaioPhoneAはXperiaと比べると見劣りしますが、この価格帯のSIMフリースマホ群から比べると、持った時の満足感が群を抜いています。

ということで、通話が多いけれどスマホの料金を下げたい!という方には、胸を張ってオススメできるスマホです。