目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

apple watch series3のLTE対応とは?

iPhone8やiPhoneXと同様に、applewatchも新しいもの(apple watch series3)が発表されています。

発売はiPhone8と同日の、9/22ですね。

どうしてもiPhoneにばかり注目が集まりがちですが、こちらはいかがでしょうか。

apple watch series3はLTE対応

初代のwatchは、まずはappleが噂されていたウェアラブルを出す、ということで物珍しさがありました。

watch series2は?

iPhone7と同様ですが、applePayに対応して、腕時計をかざすことでお店での支払いができるようになりました。

充電のもちも良くなって、これでようやく使用に耐えうるかな…といったところですね。

さらに今回のwatch series3につく新しい機能は?

そう、LTE対応になりました。

今までは、通信機能を搭載していなかったので、あくまでもiPhoneとペアリングして、カバンに入ったiPhoneの通知を受ける…くらいのものでした。

これからは、watchが単体で通信可能になったため、できることは広がると考えられます。

具体的には、何ができるようになるのでしょうか?

watch series3はLTE対応で何ができる?

通常のスマホと同等に通信ができると考えてください。

iPhoneが手元になくても、電話をすることもできますし、メールの送受信もできます。
(通話している姿がシュールなのはさておき…)

ちょっとした外出であれば、iPhoneはなくてもいいよ、という姿ですね。

さらにはsiriも対応しているので、小さい画面をいじらなくても、音声認識である程度はカバーできると想定されます。

ドコモ等もLTE対応

通信に関しては、watch自体にもSIMカードが必要になってきます。

そもそも、SIMが番号を持つと考えたら、iPhoneとwatchで着信の電話番号を分ける必要がでてくる…?

そこは心配に及びませんでした。

きちんと、ドコモ含めた各社が専用のサービスを出しており、ドコモは月額500円、auソフトバンクは月額350円で、iPhoneと同じ番号でwatchでの着信・通話ができるサービスを導入しました。

割高ではありますが、不便はなく使うことができそうです。

watchの進化はどうなるか

appleがウェアラブルにどれくらい力をいれてくるか、それが見ものですね。

スマホを持ち運ぶことが本当に必要なのか?

それを考え直すサービスになっていくのかもしれません。

どうしても、スマホが中心になっていくと、画面のサイズや持ち歩き、制約条件がでてきますから。

完全にワイヤレスになったイヤホンのairpodsもそうですが、変化のスピードを緩やかにしているので見えにくいと思いつつも、appleが考えている次のステージに、iPhoneの形はないのかもしれませんね。 

Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

 

 

関連記事