目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

ずっと割引き、docomo withの料金プランは安いのか?

ドコモが出した、新しい割引料金プラン、「docomo with」。

名前だけではピンとこないものではありますが、格安の料金プランとして宣伝がされています。

実際に、どのようなプランで、本当に安くなるか?

調べてみました。

料金プランdocomo withの概要

ざっくりいうと、以下の内容です。

・同じ機種(対象機種限定)を使い続けていたら

・毎月の料金から1,500円の値引き

大きいのは、2番目の「毎月の料金から1,500円の値引き」という点でしょう。

人によっては、毎年最新機種に変える…といった方もいらっしゃいますが、同じ機種を機種変更せずに長く使い続ける、という人にはうってつけのプランですね。

なんせ、ずっと割引きが続くのですから、長く使っていればいるほど得になる、ように見えます。

※私の周りにも、2017年現在で未だにGalaxyS3を利用し続けている人がいます…もつんだ(汗

docomo withの対象機種

現時点では、以下の2機種に絞られています。

・サムスン:Galaxy feel

・富士通:Arrows Be

両機種とも、最新というよりは、ややスペックは低めの手の届きやすい端末になります。

使えなくはないですが。。。というところ。

docomo with の注意点

注意すべきは、上記のように対象機種が絞られていて自由に選べない、ということ。

それに加えて、基本的にドコモのスマホであれば対象になる機種代の値引き、「月々サポート」が対象外になる、ということですね。

たしかに、月々サポートは24か月で終了するので、それよりも長く使い続けるのであればwithのプランを使っていたほうがお得になる…ように見えます。

果たして、本当にお得になるのでしょうか。

docomo withはお得なのか?

料金プランに関しては、通常のカケホーダイ(ライト、シンプルプランを含む)とデータ通信の契約をする必要があります。

■通常の料金

・シンプルプラン:980円

・spモード:300円

・シェアパック5(5GB):6,500円

・機種代分割(arrows):1,100円

・合計:8,880円

■1500円割引き後の料金

・機種代分割時:7,380円

・機種代支払後:6,280円

 

…結局、最安になっても5GBの通信料金を支払った後に、毎月6,280円、税込約6,800円を支払い続けるわけですね。

・2年間支払総額:177,120円

・4年間支払総額:327,840円

4年間利用したとして、平均で月の支払額が6,830円。

どんなに長く使ったとしても、平均単価が6,280円を下回ることがない、と考えると…

性能を考えたら結構厳しめな予感があります。

正直なところ、ドコモを利用し続けることに対するこだわりさえなければ、型落ちのiPhoneをSIMフリーで購入して、いわゆる格安SIMを利用したほうが、十分に格安で運用できるのではないかなーという気がしますね。

安く見えるようにプロモーションはしていますが、きちんと毎月の金額がどうなるか、はしっかり計算して確かめたほうが良さそうですね! 

関連記事