目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

シンプルプラン?ドコモの料金プランがまた変わっていたのでまとめてみた

カケホーダイ&パケあえる、の発表以来、カケホーダイ必須のイメージが定着していたドコモの料金プラン。

最近は、また安そうなプランというか、新しい料金が乱立してきたので、改めて整理をしてみます。

基本の料金プランの組み立て

基本的なプラン作りは、昔から変わっているわけではありません。

・基本料金(通話):カケホーダイとか

・基本料金(データ通信):パケットパックとか

・ISP(インターネット接続):SPモード

この3段階ですね。

それぞれの料金に新しいものが追加されています。

通話はカケホーダイだけではなくなった:シンプルプランの登場

まずは通話の料金プランを見てみましょう。

昔は基本料金に無料通話が含まれていて、プランごとの料金が変わって…というものがありましたが、それからするとかなりシンプルになりました。

3段構成です。

  1. シンプルプラン:980円(20円/30秒)
    無料通話ぶんなし、かけた分だけ料金のかかるプランです。
    通話がほとんどないならこれ一択。
  2. カケホーダイライト:1,700円
    5分以内の通話が無料、5分を越えると30秒当たり20円。
  3. カケホーダイ:2,700円
    何分でも通話無料。

こうしてみると、カケホーダイかシンプルプランのどちらかに寄せるのがユーザーとしては多いんじゃないかな、と思います。

カケホーダイライトはちょっと安く見えたりはするのですが、通話を5分以内に収めようとがんばるのもなんか変な努力の方向性だと思いますし、結局シンプルプランにしておいて、友人とはLINEの無料通話とかでまかなうのがいいんじゃないかなーと思ってしまいます。

仕事や何かでたくさん使う!って場合だと、何も考えずにカケホーダイの一択ですね。

データ通信はウルトラパックと家族でシェアして安くする

データ通信です。

昔のパケホーダイの名前から変わって(使い放題ではなくなったので)きちんと使った分に応じての課金になりました。

これも、かなりプランが増えてきていて(昔の音声基本プランみたい)、データ容量の単価とは…??と考えてしまいます。

  月額 1GBあたり
100GB 25,000 250
50GB 16,000 320
30GB 13,500 450
15GB 12,500 833
10GB 9,500 950
5GB 6,500 1,300

表にしてみました。

5GBの、1GBあたりの高さが目立ちますね…

ちなみに、上記は家族シェアが前提の料金です。

1人での利用の場合、なぜか料金体系が変わって以下のようになります。

  月額 1GBあたり
30GB 8,000 267
20GB 6,000 300
5GB 5,000 1,000
2GB 3,500 1,750

 うーん、家族で使う場合と1人で使う場合、こんなに差をつけていいんでしたっけ…?というような料金設定ですね。

1人だと20GB以上、家族だと30GB以上がドコモの世界だけで見るとお得になりそうです。

結局毎月いくらかかるの?割引きなし編

家族で使うのが安くなりそうなので、結局どれくらいの料金になるのか、4人家族パターンをまとめてみました。

機種代金は含まれておりません。

なお、上記のデータ通信をシェアして使う場合は、1人当たり500円が追加で加算されます。

…安いところだとこれで1GB使えるんだけどな。。 

  主回線 子回線 子回線 子回線
シンプルプラン 980 980 980 980
spモード 300 300 300 300
30GB 13,500 500 500 500
合計 14,780 1,780 1,780 1,780

こうしてみると、4人合計で20,120円。

1人当たり5,000円くらいで収まっています。

これを安いとみるかどうか、でしょうねー。

1人当たり6,000円オーバーを覚悟していたころからすると、これでも十分安くなった、とは言えそうですが…

auソフトバンクもほぼ同様ではあるのですが、もっと安い会社も出てきていますからね。

いったんドコモの料金プラン、家族でつかうとこの程度~をまとめてみました。

関連記事