目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

ドコモのシェアプランでの格安表示はいかがなものか…

最近各種の広告で見かけるのが、ドコモの料金プランで非常に格安で持てそうな「イメージ」を出すところ。

例えば、ドコモwithで280円~もそうだし、最新のiPhoneでも毎月1,780円~とかの表示です。

これも、あながち嘘ではないのですが決して本当ではないなあ、とおもってしまうので。。。

実態について、メモ程度ですが残しておきます。

ドコモの料金プラン、1,780円~とは?

ドコモで、家族でのパケットシェアのプランを利用したときの、平均ではなく「一番安い人」の料金です。

自分一人が料金プランを変更する、という場合であればこの恩恵にはあずかれませんし、当然ながら家族がドコモでも、全員がこの料金になるとは限りません。

あくまでも、一番安い人、なのです。

家族がドコモなら、の罠

どういうことか?というと…

家族がドコモで、正規料金(というかパケットシェアのもとになる、全員分のパケット料金)を支払っている人がいる、という前提です。

そして、それに相乗りする形で、音声の基本プランとシェアのための謎な500円を支払うと、メインで支払いをする人のパケットを共通で利用できるようになる…というイメージでしょうか。

料金負担しているのはだれ?

つまり、家族で最安だと「1,780円」に嘘はありません。

しかし、2人であれば、同じものを利用しようとして…もう一人は

「7,780円」

を支払っていることは忘れてはいけないポイントですね。

これ、2人平均をとると、4,780円なので、決して安いものではないですよね。

格安スマホと似た価格での、公正でない表示では

1,780円というと、UQモバイルやワイモバイルが1,980円で積極プロモーションをしているので、それに近い金額で「お!」となるかもしれません。

しかし、そういった各社と違って、2人以上で利用するときの最安の人の料金だけを提示する、というのは…

果たして公正な表示と言えるのでしょうか。

これについては、やや疑問が残ります。

正々堂々と勝負してほしいものですね。。。

関連記事