目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

iPhoneXで画面を下げるには?ホームボタンがなくてもOK

iPhoneが大型化するにつれ、搭載されたのが簡易アクセス機能。

大きくなって画面上部に手が届きづらいので、画面を下の2/3くらいに表示してくれる機能です。

今までは、ホームボタンを軽く2度押しで片手操作で来ていたのですが、ホームボタンがなくなったiPhoneXではどうするのでしょうか…?

iPhoneXで画面表示を下げるには

安心してください、画面表示を下げる機能もきちんとついていました。

ホームボタンと似た動作にはなります。

まず、通常のホームボタンを押す動作をおさらいしましょう。

画面の下に、小さなバーが表示されていて、それを持ち上げるように上にスワイプすることでホーム画面に戻ります。

簡易アクセスは、これの応用です。

小さなバーを、下にスワイプ。

そうすることで、上から画面がおりてきます。

わかってしまえばなるほど、な動作ですね。

コントロールセンター呼び出しは?

では、コントロールセンターはどうでしょう?

Wi-FiやBluetoothを呼び出すアレです。

ホームボタンがあった時代には、下から上にスワイプで出てきましたが、iPhoneXでその動作はホームボタン扱い。

今回は、逆方向です。

画面の真ん中あたりで、上から下にスワイプすることでコントロールセンターが表示されます。

iPhoneXと片手操作

iPhoneXは大画面ですが、片手で操作できるような機能もきちんと搭載されています。

注意したいのが、今までのiPhoneシリーズの動作とは若干違う部分もあるため、直感的な動作というよりはまた覚えなおしになるかもしれません。

UX的にはどうなのかなーという思いもありますが、将来どちらが主流になるのか…?

楽しみにしてみましょう。

 

関連記事