目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

iPhoneXの外観をみて、iPhone3GSを思い出してみる

iPhoneXは、デザインが若干今までのiPhoneとは変わりました。

背面もそうなんですが、側面が結構気になります。

2017年のiPhoneの背面ガラス変化

iPhone5から4年くらいになりますが、背面がガラスパネルからマットな質感の素材に変わりました。

一部のファンからは、背面ガラスがよかったのにー、という声もありましたね。

iPhone8,Xから、待望の背面ガラスが復活です。

特に、iPhone4Sからの変化としては、カラーバリエーションの豊富さがあげられますね。

もともとは、黒と白でガラスパネルだけだったものに、今回はゴールドが加わっています。

そして、ガラスの質感もちょっと丸っこい、優しいものに変わった(ような気がする…)のも特徴でしょうか。

今までのiPhoneシリーズよりも、ガラスを挟むことで全体に柔らかく、優しい印象を与えるようになりました。

個人的には、指紋が目立たない今までの素材も好きなのですが、ガラスパネルも根強く復活を待つ声があったということなのでしょうね。

iPhoneXの側面は高級?安っぽい?

背面だけではなく、今回ちょっと特徴的なのが側面の仕上がりです。

iPhone8は今までとそんなに変化がないような外観なのですが、iPhoneXはちょっと違いました。

ここだけ光沢のあるステンレスのような…今までのものでいうと、iPhone3GSの丸みを帯びた側面のような仕上がりになっています。

これは、どういったappleのデザイン戦略の変化なのか…ちょっと理解に苦しみながら、ある一つのことを思い出しました。

ガラケーがケータイ売り場で目立つには

ちょっと昔のことを思い出してみましょう。

ガラケーのふちをみると、銀でメッキをされたような仕様のものがありませんでしたか?

嘘か本当かわかりませんが、あの銀メッキがあることで、売り場で目立つので売れ行きが変わるんだとか。

ちなみに、個人的にはだいたいあのメッキ部分から剥げてくるので…敬遠してしまったという事実はありますが。

邪推かもしれませんが、同様の機種を同じ時期に発売したappleが、少しでも高級版として目立たせたかったのがiPhoneXの側面デザインなのかもしれません。

好みが分かれる質感というもの

つらつらと書いてはきましたが、結局のところこのあたりは「個人の好みです」と言い切るしかありませんね。

昔のiPhoneであれば、1機種、1カラーだったので好みも何もあったものではありませんが、最近はバラバラと多色展開をしているので、その中で自分の好きな色を探す楽しみもあります。

質感も、ちょっとしたところではありますがapplestoreで見たときに目に留まりやすい…そんな工夫をしているのかもしれません。

そんな目線で見てみると、iPhoneXの外観も楽しめてきますね。

 

USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか? (角川文庫)

USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか? (角川文庫)

 

 関連記事