目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

iPhoneXのポートレートモードが美しい!

iPhoneXの品薄さも徐々に回復して、比較的入手しやすくなってきました。

私の周りでも、同じ日に3人が同時にiPhoneXにするなど、加速している感がありますね。

その中でもふだんからの利用頻度が高いのが、カメラ機能。

iPhoneXになって、カメラが良くなった!とはよく言われるところなのですが、具体的にはどのようなところが良くなったのでしょうか。

ポートレートモードが美しい!ポートレートモードとは?

iPhoneXで具体的に分かる変化としては、新しく搭載された「ポートレートモード」になるでしょう。

どのような写真がとれるのでしょうか?

イメージとしては、一眼レフやいいコンデジを使われているような写真が、iPhoneでも簡単に撮影できる、ということになります。

メインで撮影したい人だけがはっきり見えて、後ろの背景がぼかされるアレです。

ポートレートモードを使うには?

カメラを起動したらすぐにポートレートモードになっているわけではありません。

ちょっとだけ操作が必要になります。

カエラを起動すると、下の方の撮影ボタンの近くに、「写真」からスタートして横スライドできるタブがみつかるかと思います。

これを右隣にある、「ポートレート」に切り替えます。

カンタンですね。

次に、背景をぼかしていくため、何をはっきりさせるか決めます。

これを被写体と言います。

通常のカメラ認証でも、人の顔にピントを合わせるために顔をタップして、四角い表示が出ることもあるかと思います。

これと同じことをやってピントをあわせます。

あとはシャッターを押すだけ。

これで簡単に、一眼レフカメラで撮ったような背景ぼかしの写真を撮ることができます!

シンプルに使うにはこれで十分かと思いますが、画像加工をするならばさらに照明エフェクトなどでこだわりの写真をとることもできます。

ポートレートの照明エフェクトが便利

ポートレートの照明エフェクトには、標準とあわせると全部で5種類があります。

このなかで面白いな、とおもったのが「ステージ照明」ですね。

自然光 ポートレートの標準モード
スタジオ照明 顔全体を明るく照らす
輪郭強調照明 明るさの強弱を付けて陰影を強調する
ステージ照明 背景を暗くして人物のみスポットライトで照らす
ステージ照明(モノ) 背景を暗くして人物をモノクロ表示する

ステージ照明の何がいいかというと、「ぼかした背景を消す」というところにあります。

背景を暗くする、というのが、まさに暗闇になるので人物やモノだけが浮き上がって見えてきます。

ちょっとしたプロフィール写真とか、何かチラシを作ったりするときに活躍しそうな予感がします。

加工に特化していけば、いろいろ他のアプリを使うということもできますが、標準のカメラ機能でしかも背景を消せるのはかなり魅力的かと思います!

iPhoneXを使ってみる中で、これは便利そうだな、と思ったポートレートモードのご紹介でした。