目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

jblのスマートスピーカーが気になる存在

年末にGoogleホーム、スマートスピーカーを買った。1番使っている機能は、シンプルに音楽を聴く機能である。

そうすると気になってくるのが音質。私が購入したのは、Googleホームmini。

なぜGoogle Home miniを買ったのか?

新しいものを試すにはまずは安いものから10分かなと考えたからである。これは最初の選択としては間違ってなかったと思っている。Googleホームで何ができるの?スマートスピーカって何なの?と言うことに答えてくれるには充分な存在だった。

しかし残念なことに私の生活環境ではまだスマートスピーカーがそんなにスマートになってくれなかった。

googleHomeminiの弱点

例えば予定の読み上げ。

仕事の都合もあるのだが、複数のGoogleアカウントを切り切り替えながら使っている。そうすると、1番最初に登録したプライベートなカレンダーしか登録がされないので、結局のところ予定を見つけることができませんとしか言われなくなって悲しい思いをすることになる。

そもそもビジネス用途のGoogleカレンダーをスマートスピーカにつなごうとしても、現場では対応していないらしい。これは大きな誤算だった。ということで、残念ながらビジネスの予定を調べる、秘書的な使い方をするのは諦めることになった。

天気予報はどうだろうか。

結論から言うとこちらもあまり使っていない。なぜなら、使ってみて気づいたのだが、天気予報は一覧性が重要である。知りたいのはその日の天気と降水確率、最高気温と最低気温。

スマホで天気予報のアプリを開けばこれらが一覧になって見ることができる。何なら1週間分みることもできる。しかしスマートスピーカであれば全て読み上げるの待たなければいけない。そして最高気温を覚え最低気温を覚える。昨日よりどれぐらい来へんかったかの確認をするのも時間がかかる。こういった一覧性が必要な機能を使うにはあまりスマートスピーカは向いていないだろう。

大活躍の音楽再生

意外なところで1番活躍しているのか音楽を聴くところだ。音楽を聴くためにスピーカーの電源を入れるこれが意外とストレスだったことに気づく。朝起きてトーストを焼きながらGoogleに音楽をつけてとお願いをする。自分が普段選ばないような曲であってもSpotifyから適当に選んで流してくれる。適度に新しい音楽との出会いがあってこれはこれで面白い。

そういうわけでいま家にあるGoogleホームは、Spotifyでランダムな音楽を再生するための専用気になっている。

ただしこれは朝起きてすぐなど非常に限られた時間で、5分10分音楽を聴く時だけに限られる。なぜなら最初にGoogleホームminiを買ってしまったからだ。

どうしても小さいスピーカーであるため音質としてはあまりきれいなものでは無い。音楽を楽しむということにはまだ不向きであるということに気づく。

スマートスピーカーで音楽を楽しむには

とはいえ今後も音楽が聞けて非常に良い音質であることに越した事は無い。そこで気になるのが通常のスピーカーのメーカーにAI昨日スマートスピーカーの機能が搭載されたものである。

JBLのスマートスピーカーが気になる

いろいろ探してみて気づいたのは、普段プライベートで使っていて音質の良いスピーカーであるJBLと言うブランドだ。

どうやらJBLのスピーカーにスマートスピーカー機能が搭載されたものがあるらしい。結局現時点で音楽を聴くことに特化しているのであればこういった音質の良いスピーカーを買っておくというのがもしかすると1番良い選択肢だったのかもしれない。

もちろん通常のスマートスピーカーであるGoogleホームなんかよりもお値段が張ることは間違いない。しかし、音楽を聴く用のスピーカーとスマートスピーカを分けるということも無駄になる事は間違いないので、せっかくであれば音楽専用機のスマートスピーカがあってもいいのかもしれない。個人的にはJBLのスマートスピーカが今とても気になっている。