目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

2018年1月22日の大雪警報東京の雪と混乱と帰宅指示と

都心では大雪警報が出るほどの大雪になりました。こんな時に結構話題になるのが企業ごとの出社判断の問題です。

具体的に言うと、大雪が降って通勤や帰宅に影響が出そうな時に社員を帰らせるかどうか。

以前に比べると帰宅指示を出す企業が増えてきたようにも思います。

しかし実際に電車が遅延している駅のホームに人が大量に残されている状況を見ると、未だにきちんとした判断ができてるというのは難しいかなと思います。

ここで大雪などで交通機関の麻痺が予想されるときのベストの対象考えてみましょう。

大雪警報と判断力 

大切なのは早めの判断であったり、状況に応じて何が1番良いかと言うことを判断することだと思います。

例えば大雪警報が出てからしばらくしての夕方の時間…どうやらこのタイミングに帰宅難民が集中していたように思います。

通常よりも早く帰宅しているはずなのになぜでしょう?

考えてもみれば大体の企業が何かの判断軸を持って帰宅指示を出すとすれば警報が出るタイミングなどこれもしりが統一されることが予想されます。

つまり何かことが起きてからの判断になるので、動くのがその中で早かったとは言え、横並びで帰宅指示が出されると言うことになります。

帰宅指示がなされてすぐに帰ったと思っても、同じようなタイミングで同じような企業の人たちが横並びになって、結果として帰宅難民になるんだと考えられます。

ではどういった判断がベストになるのでしょうか?

今回で行くと17時から19時ぐらいにかけてが帰宅難民のピークだったように思います。

これは14時半に警報が出てから12時間で帰宅時の判断がなされた企業、そして18時に丁時ピッタリ残業せずに帰るといった判断がなされるものだと考えられます。

そうすると結果的にここに人が集まることになり、普段であれば残業でピークがずれる人たちが一斉に帰宅することで、駅のホームから人が溢れ出したということです。

ピークをずらす重要性 

結局のところ電車がゆっくりながらも動いていると言う状態であれば、大切なのはピークをずらすということです。

それであれば、皆が帰ろうとする時間に帰るのではないということがポイントになるので、逆に遅く帰ると言うことも判断としてありですね。

もちろんこれは夜になってどんどん雪がひどくなって電車が止まってしまうと言うことが大前提の話ではありますが。

 

今回であれば20時を過ぎてからであれば比較的電車遅れながらであっても、満員電車の混雑といったことでは避けられたように思います。ホームから人があふれるほどの。

結局大切なのは早めの判断をすると言う事なのですが、その判断がみんな同じ時期にされるとなれば、きちんとどのように動くのが最適かと言うことを、「自分の頭で」考える必要があるかなと思いますね。 

自分のアタマで考えよう

自分のアタマで考えよう

 

 

cvmer.hatenablog.com