目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

auソフトバンクのテザリングは無料の方が会社の利益になる?

auとソフトバンクが2社仲良く、スマホのテザリングオプションの有料化を宣言しました。

そもそもテザリングとは?そしてドコモが有料化しない意味とは?

テザリングとは

ざっくりいうと、スマホをWi-Fiルーターがわりにして、他のデバイス(PCだったりタブレットだったり)のネット接続ができるようにする機能です。

ノートパソコンだったり、Wi-Fi専用のタブレットを持ち歩いているときに、Wi-Fiルーターがなかったとしても自分のスマホを使ってネット接続ができる!という機能ですね。

個人的には、外での打ち合わせも割と多いので、スマホ経由でネットに接続する、という機能は非常に活躍してくれています。

auとソフトバンクのテザリング料金

au,ソフトバンクのテザリング利用料金は月額500円です。

500円で外でもネットが使えるなら安いもの…とも言えますが、この500円には何の料金なのでしょう?

とくに500円払ったら何GB追加される、というものでもありません。

ただ単に、テザリングという機能を使うための手数料です。

ドコモは有料化の予定なし、だが…?

一方で、ドコモの広報はテザリングの有料化については予定なし、としています。

とはいえ、無料キャンペーンを敷いているのみで、料金設定はしているという状態。

これもなんだか…不思議な状態ではありますね。

ただ、後述するように実際に永年無料の可能性もあると思っています。

テザリングは無料の方が各社の利益になるのでは

2018年3月現在、ドコモ、au、ソフトバンクの料金プランはデータ「定額」ではありません。

従量制、使ったら使っただけ課金されていきます。

であれば、データ通信の利用量が増えれば増えるほど、ケータイ各社の利益にはつながりますよね。

PCもタブレットも、ガンガン使ってもらった方が上のデータ容量に行ってもらえる、と考えるのであれば、、、

テザリングもどんどん推進して、上の料金プランを使ってもらった方が会社の売上を考えてもいいんじゃないかなーと思うわけです。

実はテザリング無料な格安スマホ

ちなみに、格安スマホでもテザリングはできます。

そして、それにかかる料金は無料です。

…格安スマホが出てからというもの、ケータイ各社が「必須です」と言っていたオプションがあまり意味をなさなくなっているような気がして、なんとも言えない気持ちになりますね。